電話でのお問い合わせはこちら

076-491-1177

お知らせ

☆石川 誠先生 講演会☆

東京都にある初台リハビリテーション病院をはじめ、

いくつものリハビリ施設を運営される

医療法人社団 輝生会理事長の石川 誠先生が来校され、

ご講演いただきました。

 

石川先生は1970年代に脳外科医からリハビリテーション医に転向され、

それ以来リハビリテーションの充実に力を注がれています。

長嶋茂雄ジャイアンツ終身名誉監督の主治医をされたことでも有名な先生です!

 

IMG_1091

 

医療と福祉のルーツを知るため、紀元前のころからノーマライゼーションの考え方があったことや、

 

健康には栄養と運動が大切だと言われていたことなど、
1年生にも分かりやすく、お話をしていただきました。

 

また、石川先生が理事長を務めていらっしゃる輝生会での
チーム医療の取り組みを紹介していただきました。
理学療法士、作業療法士、看護師、医師、そして調理師など
それぞれの専門職が連携し患者さんをケアする
というチームアプローチの仕方を学びました。

 

チームアプローチを用いた訪問リハビリでは、寝たきりだった患者さんが再び元気を取り戻し
歩けるようになったという症例もありました!

 

IMG_1098

最後の質疑応答の時間では、

「患者さんのモチベーションを上げるためには何をしたらいいですか?」

という学生の問いに対し、

「直接『リハビリをしなさい!』と言うよりも、

まずはちょっとした声かけなどでモチベーションを上げるような環境を整えます。

何よりも大切なのは、皆さん(治療者)があきらめないことです」

とお答えいただきました(*^^*)

 

現場での実例を交えたお話もたくさんしていただき、

これから各方面での専門家を目指す学生たちにとって

今後の勉強に活かすヒントをたくさんいただけた時間になりました。

 

石川先生、ありがとうございました!

 

 

11/11 オープンキャンパスを開催しました!

11月11日(土)

富山リハビリテーション医療福祉大学校にて

オープンキャンパスを開催いたしました!

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました♪

 

体験メニューは理学療法科では血圧測定の仕方、作業療法科ではタワーづくりでした。

 

※理学療法科※

理学療法士にとって患者さんのリスク管理をするうえで血圧測定は重要な検査となります。

血圧を電動血圧計で測ったことがある人も、

卓上タイプの血圧計で測るのは初めて!という声が多く、

興味深く血流の音を聴いていました。

②

 

 

※作業療法科※

作業療法士の治療アプローチとして、『作業分析』というものがあります。

患者さんの活動を4つの枠組み【情意・認知・運動・交流】で評価し、アプローチします。

その『作業分析』を〈タワーづくり〉という活動を通して体験していただきました!

 

体験生と在校生3~4人のチームで、道具を一切使わずに紙のタワーを作り高さを競います♪

④

どうすれば倒れないか、高く重ねられるか、試行錯誤!

全員で相談しながら実際に紙を折ってみるチーム、

慎重に意見を出し合うチーム・・・取り組み方は様々でした(*^^*)

 

 

次回の体験入学も新たなメニューも企画しております。

皆様のご参加をお待ちしております!

 

 

*次回 オープンキャンパス*

日にち 12月9日(土)

時 間 14時~16時

 

詳しくはコチラ →→ ☆12/9(土)オープンキャンパス チラシ☆ 

 

お友達や保護者の方とのご参加もOK!

お気軽にご参加ください♪

 

参加申し込み・お問い合わせは下記アドレスをクリック!

http://reha.aoike-toyama.com/for_examinee/contact.php

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
 AO・推薦入試 出願受付中!
*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
入試について詳しくはコチラの↓↓ページをご覧ください!
http://reha.aoike-toyama.com/for_examinee/exam.php

 

全学科合同!避難訓練を行いました!

10月26日(木)

全学科合同での、消防避難訓練を行いました!

 

①

富山調理製菓専門学校と合同で

青池学園 富山校の全学生、教職員で実施しました。

 

学校の外に出て近くの駐車場へ避難。

②

④

点呼を行い、無事避難完了!

 

避難訓練後は、消防局職員の方より

消火器の取り扱い方法について説明をしていただきました!

③

将来、病院や高齢者施設などでリハビリの仕事に従事する学生たち。

避難を誘導する側になることもあり得る、というお話もありました!

訓練で学んだことを忘れず、

医療に携わるという自覚をもって、これからも授業に取り組んでいきます。